Horikawa Chiropractic

記事一覧(511)

10ヶ月続いた背中の痛み

「ここで最後にしてください。」と最初に言われました。MRIやレントゲンのコピーもすでにお持ちでした。「どこに行っても良くなりません。10ヶ月間も背中の痛みのために転々としています。」体を前に曲げても、後ろに反らせても、左右にひねっても背中に痛みがあります。レントゲンを確認すると第12胸椎(T12)には慢性的な圧迫骨折がありました。スコープ検査で反応が出たのは、第2胸椎(T2)、第9胸椎(T9)、第11胸椎(T11)、第2仙椎(S2)。動的な触診から、第11胸椎(T11)が原因となっていることが明らかでした。リスティングはPR-T(Posterior Right Rotation, Left Transverse Contact: 後方右回旋かつ脊柱の左凸カーブによる横突起コンタクト)です。アジャストメントは、スロットテーブルでうつ伏せになってもらい行います。上方手の片手コンタクト(Superior Hand, Single Hand Contact)が、教科書通りの基本ですが動きません。ここで、下方手の片手コンタクト(Inferior Hand, Single Hand Contact)でアジャストメントを行ったところ、しっかりとセットできました。コンタクトする手を変えると、角度が変わり上手くアジャストメントできる場合があります。╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ!!このアジャストメントにより、背中が楽になったのを実感していただけました。2日後に来ていただいた時の最初の言葉は、「昨日はもう2度と行かないと思っていました。」です。((((;゚Д゚)))))))初回の翌日は、痛みが悪化してしまったそうです…(T_T)ところが、2日後の朝になってみると今までにないほど楽になっていたため、継続して受けようと思い直して来ていただけました。「好転反応」という言葉で説明される方もいるかもしれませんが、自分は使いません。最初にもう少し適切な力でアジャストメントできていれば、翌日の過剰な反応は感じないで済んだ可能性があるからです。最初の頃は、どの程度のアジャストメントに適切に反応されるかが分からないところもあるので、力加減が難しいい時があります。この方は、その後3日おきに追加で2回のアジャストメントを行い、すっかり背中の痛みがなくなりました。\(^o^)/

手指と首・肩・腕の痛みが短期間で劇的に改善しました - 世田谷区岡本

数か月前に庭作業等で首・手(親指と手首)を傷めて以来、首・肩・背中のひどいコリ、腕のしびれと腫れ・痛み、そして親指と手首の痛みに悩まされてきました。テーピングで保存し一旦かなりよくなったものの、一か月前位から再び親指・手首の痛みが酷くなり、ひねったり、字を書いたり、包丁や鋏を使うなど、痛くてできない作業が増えていきました。整形外科三軒回って最後にみていただいた手外科の専門医によれば、母指CM関節症及びTFCC損傷との診断でした。樹脂製の装具を着用したものの、ステロイド注射で痛みを抑えなければならないほどになってしまいました。ステロイドで痛みはかなり軽減されたものの、ずっと装具を着用せねばならず、不自由で困っていました。ステロイドの副作用も怖く、治療法がないか調べる内、原因は頸椎かもと思うようになりました。アメリカに居た時カイロプラクティックの治療を受けたことがあり大変良かったので、日本でも同様の治療を受けられないか探した所、ガンステッドテクニックによる治療を行ってくださる堀川先生のクリニックを発見。驚くことに、初回の頸椎ほかの調整で、手の痛みがかなり軽減。数日おきに続けて2回の調整を受け、劇的に改善しました。今5回目ですが、手の痛みも、首・肩のコリ・痛み、腕のしびれもほぼなくなっていますし、装具もテーピングも不要になりました。叫ぶほど痛かったのに、信じられない思いです。凄いです!先生には本当に感謝しています。正しい、本当のカイロプラクティック。マッサージじゃありません。大変科学的な治療法です。<コメント>まず、用語を解説します。CM関節は、CarpoMetacarpal Jointの略で手根中手関節のことです。写真(右手を甲の側から撮影したもの) の緑色の部分、親指付け根の関節になります。TFCC (Triangular FibroCartilage Complex) は三角線維軟骨複合体といい、写真のオレンジ色の部分になります。軟骨はレントゲンには写らないため、黒く三角形になっている部分になります。