【症例】噛み合わせの変化による頭痛 - 40代女性 世田谷区喜多見

一時的な噛み合わせの変化が頭痛を起こすケースです。


いつも定期的に来ていただいている方なのですが、下あごの歯をインプラント治療で仮歯にしてから頭痛になったということで来られました。

もともと生理痛に伴う頭痛ということで通い始めた方だったのですが、最近は頭痛になることもなかったので珍しいなと思いました。本人も、頭痛の感じが昔とは異なると言われてました。


チェックすると明らかに左の第1頚椎(C1 ASL)で、今まで1度もアジャストメントを行ったことのない箇所でした。


このアジャストメント1回で無事頭痛も治り、その後本歯になった後は頭痛になることもなかったということです。


※効果には個人差があります。


<今すぐ!ご予約・お問い合わせ>

Horikawa Chiropractic

English Available. 世田谷区用賀の米国Doctor of Chiropractic (D.C.) カリフォルニア州ライセンス。120年以上の歴史を持つアメリカ発祥のカイロプラクティックと、専門とするGonstead Chiropractic (ガンステッド・カイロプラクティック) についてお伝えしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000