【Video紹介】ふるえ/振戦 (Essential Tremor)

オーストラリアでGonstead Chiropractic(ガンステッド・カイロプラクティック)による治療を行っている Ian Rossborough D.C.のYouTubeビデオのご紹介です。


3年以上も左腕のふるえ(振戦)で悩まされてきた男性のケースです。メディカルチェックでは、パーキンソン病などではないということで原因不明となってしまったようです。

通常の状態では、左腕を上げるとふるえが始まるのですが、第1胸椎(T1)に正しい方向への力をかける(動画ではチャレンジと言っています)と、左腕のふるえが止まるのが確認できます。


レントゲンからも第1胸椎(T1)に神経の圧迫が起こっていることを確認しています。


また、側面(Lateral)から撮影された画像から椎間板に対するアジャストメントの方向(Line of Drive)、正面(AP)から撮影された画像からどのようにアジャストメントを行うか(リスティング)が決定されます。


今回の場合は、第1胸椎(T1)のリスティングがPRI-T infとなっているので、T1が右に回旋(Right Rotation)し、右側に下がり(Right Inferior)、さらに後ろ側にも下がっている(Posterior Inferior)状態となっていることが分かります。

このリスティングに対して的確なアジャストメントを実施することが非常に重要なポイントです。


アジャストメントは、HVLA:High-Velocity Low-Amplitude(高速低振幅)と言われる方法により第1胸椎(T1)に対して行われています。これは瞬間的に少しだけ脊椎を動かす方法で、アジャストメント実施直後にふるえが止まったことからも非常に有効な方法であることが確認できます。


※効果には個人差があります。


<今すぐ!ご予約・お問い合わせ>

Horikawa Chiropractic

English Available. 世田谷区用賀の米国Doctor of Chiropractic (D.C.) カリフォルニア州ライセンス。120年以上の歴史を持つアメリカ発祥のカイロプラクティックと、専門とするGonstead Chiropractic (ガンステッド・カイロプラクティック) についてお伝えしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000