【症例】自律神経失調症 - 20代後半男性 世田谷区用賀

最初は、背中と首の痛みに加えて左腕のしびれと時々起こる頭痛の症状ということで来院されました。

その他にも、3年ほど前から食後の吐き気を頻繁に催すようになり、水のような下痢も週に何回も起こること、また春と秋は中学生の頃から続いている花粉症による鼻炎とその影響による鼻血も頻繁に起こしていました。


内科、耳鼻咽喉科、心療内科などいろいろ試した結果、ストレスによる自律神経失調症と診断されました。処方された薬を飲んだ時は一時的に症状は治まるのですが、薬がないと結局同じ症状を繰り返すだけという悪循環に陥っていました。


平日は仕事が忙しく時間が取れないため、毎週1回土曜日にアジャストメント(矯正/施術)を行っていきました。


最初のアジャストメントの後は少し頭痛がひどくなりましたが、その後は徐々に頭痛が減り、約1ヶ月半後には初めて吐き気や下痢の頻度が少なくなり、頭痛も治まりました。


その後も徐々に体調が良くなっていき、約3ヶ月後には当初あった症状はほとんどなくなりました。


その後も2週間に1回のペースでアジャストメントを行った結果、春の花粉症は例年より軽く済み、ほとんど薬を飲まずに過ごせるようにまでなっています。


そして、昨年の秋は耳鼻咽喉科に行く必要もなくなり、薬なしでもほとんどアレルギー反応が起こらないところまで回復されています。


現在は目立つような症状はなくなりましたが、2週間に1回定期的に通ってチェックを受けていただいています。


定期的にカイロプラクティックを受けるようになって2年目の今年2016年3月〜4月も、花粉症の症状は出てこないため耳鼻科に薬を貰いに行くこともなかったそうです。


鼻炎にならなくなったことにより頻繁に鼻血を出すこともなくなりましたという嬉しい報告もいただきました。


※効果には個人差があります。


<今すぐ!ご予約・お問い合わせ>

Horikawa Chiropractic

English Available. 世田谷区用賀の米国Doctor of Chiropractic (D.C.) カリフォルニア州ライセンス。120年以上の歴史を持つアメリカ発祥のカイロプラクティックと、専門とするGonstead Chiropractic (ガンステッド・カイロプラクティック) についてお伝えしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000