【症例】背中の筋肉のけいれん(Mid Back Spasms) - 30代女性 港区西麻布

来院4日ほど前から徐々に背中の痛みを感じ始め、来院前日に突然背中右側の筋肉がけいれんを起こしてしまいました。


このため、上体を前屈/後傾や左右にひねることも激しい痛みを伴い、左右に体を倒すのがわずかにできる程度でした。痛みのため歩くのが困難であったため、1日休んでから来ていただきました。


スコープ検査と静的触診から明らかに第8胸椎(T8)に問題があることがわかりました。急性の症状の場合、動的触診は痛みを伴うため、非常にわずかな動きから判断する必要があり最も気を使う部分です。


第8胸椎(T8)のアジャストメント実施後すぐに立ち上がって上体を動かしてもらうと、前屈/後傾や左右へのひねりも痛みをほとんど感じないで行っていただけるようになりました。


急性の症状でしたが、的確かつ正確に対応することにより体が即時に反応し、非常に短期間で痛みが解消したケースでした。


※効果には個人差があります。 


<今すぐ!ご予約・お問い合わせ>

Horikawa Chiropractic

English Available. 世田谷区用賀の米国Doctor of Chiropractic (D.C.) カリフォルニア州ライセンス。120年以上の歴史を持つアメリカ発祥のカイロプラクティックと、専門とするGonstead Chiropractic (ガンステッド・カイロプラクティック) についてお伝えしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000