環境への適応能力

抗生物質の乱用などにより、MRSAのような耐性菌で院内感染が起こることが問題になるように、最近はSuperbug (超細菌)という言葉も目にするようになりました。


ビデオは英語の解説ですが、抗生物質に対抗して繁殖することの出来るバクテリア(細菌)が、真ん中の1000倍の強さを持つ領域にまで約11日間でMutation(突然変異)を起こしながら発生することを示しています。


抗生物質をいくら開発しても、それに対抗する生物の進化にはとてもじゃないですが追いつけないですね...


人間の体にも無数の細菌がいます。抗生物質などの薬で一時的にしのぐのではなく、環境への適応力を常に100%に近く保つことが、健康を維持する秘訣ではないでしょうか?


では、どうやって?


人間の体のコントロールに欠かせない神経のネットワークを常にメンテナンスするのはどうでしょうか?


今回の投稿は、以下の記事を参考にしています。


<今すぐ!ご予約・お問い合わせ>

Horikawa Chiropractic

English Available. 世田谷区用賀の米国Doctor of Chiropractic (D.C.) カリフォルニア州ライセンス。120年以上の歴史を持つアメリカ発祥のカイロプラクティックと、専門とするGonstead Chiropractic (ガンステッド・カイロプラクティック) についてお伝えしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000