インターン・プログラム - 日曜クラス編

Troxell Intern Programでは、インターンが講師となって行う日曜クラスがあります。


1学期(約4か月)の間に、セミナー開催日や試験期間中を除き、日曜日に全部で5~6回のクラスを行います。


クラスは、全部で以下5種類があります。

  • 触診(Palpation)
  • X線写真分析(X-Ray)
  • テクニック(Technique)
  • 四肢関節テクニック(Extremities)
  • ケース・マネジメント(Case Management)

この中で、四肢関節テクニックとケース・マネジメントは学期毎に交互に行われます。その他の3クラスは毎学期必ず実施します。したがって、1学期で最大4クラスあります。


写真の例で行くと、この学期は四肢関節テクニック(Extremities)の学期のため、ケース・マネジメント(Case Management)は含まれていません。


1クラス2時間。2つの場所で並行して2クラス同時に行います。このため、1学期に受講可能なクラスは、4時間連続で受講しても最大2クラスです。時間割は以下のようなイメージです。


12時-2時:触診(Palpation)、X線写真分析(X-Ray)

  2時-4時:四肢関節テクニック(Extremities)、テクニック(Technique)


1クラスの受講料は$50です。が、在学中は1回払うとずっと有効です。例えば1回触診(Palpation)のクラスの料金を払えば、1回分の料金で在学中全10学期間、何回でも受講可能です。


自分も1学期目と3学期目に触診(Palpation)のクラスを2回受講しました。というのも、解剖学を習った1,2学期の後に再度触診(Palpation)を受けると、1回目よりもはるかに理解度が高くなるからです。インターンになって、講師をしたり、講師のサポートをするとさらに身についていきます。


平日の水曜日、金曜日に行われる無料ワークショップもですが、インターンになってからは教えることにより、自分の知識が毎学期さらに深まっていくのを実感しました。人に分かるように教えられるようになるためには、自分が正しく理解していないとできないからですね。


ちなみに、この日曜クラスで使用したテキストは、今でも参考にする時があります。


その他のインターンとしての活動については、以下リンク先の記事を参考にしてください。


<今すぐ!ご予約・お問い合わせ>

Horikawa Chiropractic

English Available. 世田谷区用賀の米国Doctor of Chiropractic (D.C.) カリフォルニア州ライセンス。120年以上の歴史を持つアメリカ発祥のカイロプラクティックと、専門とするGonstead Chiropractic (ガンステッド・カイロプラクティック) についてお伝えしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000