Instrument Reading Levels - スコープの振れの位置

Gonstead Chiropractic (ガンステッド・カイロプラクティック)では欠かすことのできないスコープ検査。


ですが、スコープの針が振れた位置を正確に読み取りマークしたとしても、脊椎と正しくマッピングできないと、異なったセグメント(部位)をアジャストメントしてしまうことになり、意味がありません。


  • 後頭骨(Occiput)-第一頚椎(C1): 後頭骨付近
  • 第二頚椎(C2)-第三胸椎(T3): 棘突起の直下
  • 第四胸椎(T4): 棘突起レベル
  • 第五胸椎(T5)-第九胸椎(T9): 棘突起より上の棘間
  • 第十胸椎(T10)-第十二胸椎(T12): 棘突起レベル
  • 第一腰椎(L1)-第五腰椎(L5): 棘突起の下1/4
  • 仙腸関節(SI): 関節に沿った部分ではどこでも


なぜこの位置なのか、というのもすべて理由があります。


マークした位置と実際の脊椎の位置が正しいかについては、必ずレントゲンで再確認してください。


6つの腰椎や13の胸椎など、特に脊椎の数が通常と異なっている場合には要確認です。

また、仙腸関節だけでなく仙椎(S1-S5)もスコープ検査で見つけることができます。


スコープによるチェックは事前のチェックだけではなく、アジャストメント後のチェックにも有効です。


その他にもCord Pressureの見分け方など、ブログでは書ききれない重要なポイントもあります。


最近になってやっと、スコープを傾けてチェックをする必要性と理由がわかり始めました...(^_^;)


<今すぐ!ご予約・お問い合わせ>

Horikawa Chiropractic

English Available. 世田谷区用賀の米国Doctor of Chiropractic (D.C.) カリフォルニア州ライセンス。120年以上の歴史を持つアメリカ発祥のカイロプラクティックと、専門とするGonstead Chiropractic (ガンステッド・カイロプラクティック) についてお伝えしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000