SASIN - 骨盤と足の長さ

今回の内容は、Gonstead Chiropractic(ガンステッド・カイロプラクティック)に特化した専門的な内容です。


このSASINというリスティングについては、Gonstead SeminarGMI(Gonstead Methodology Institute)でも教えられていないと思います。ですが、Troxell Intern Programでは基本として教え込まれます。


【ASIN】

  • 腸骨が仙骨に対して変位します。
  • 立った状態では、ASIN側の足が長くなります。
  • うつ伏せの状態でも、ASIN側の足が長くなります。


【SASIN】

  • 仙骨が腸骨に対して変位します。
  • 立った状態では、ASIN側の足が長くなります。
  • うつ伏せの状態では、ASIN側の足が短くなります。
  • これは、ASIN側の仙骨が後方に回旋(Posterior Rotation)しているためです。

※参考:左側SASINの場合

AS (Anterior Superior) : 腸骨(厳密には寛骨)の上方かつ前方への変位

IN (Internal Rotation) : 腸骨(厳密には寛骨)の内側への回旋

P-L (Left Posterior Sacrum) : 仙骨左側の後方への回旋


【Adjustment : アジャストメント】

後方に回旋したASIN側の仙骨をアジャストメントします。

※うつ伏せの状態で短くなっていたASIN側の足の長さが、長い方の足の長さに「近づく/同じになる/長くなる」ことにより確認を行います。

逆のパターンですが、PIEXの腸骨(寛骨)と仙骨の回旋(Rotation)に関する記事へのリンクです。


<今すぐ!ご予約・お問い合わせ>

Horikawa Chiropractic

English Available. 世田谷区用賀の米国Doctor of Chiropractic (D.C.) カリフォルニア州ライセンス。120年以上の歴史を持つアメリカ発祥のカイロプラクティックと、専門とするGonstead Chiropractic (ガンステッド・カイロプラクティック) についてお伝えしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000