ノルディック・ウォーキング(Posture Month)

姿勢を意識し、背を高く保つ。


バランスの取れた姿勢は、均等に筋肉を使い、関節への負担を減らし、呼吸を助けます。

ウォーキングにより、姿勢や動きを見直し、さらに強化していきましょう。

足、下半身
  • 両足は、踏み込む時にそれぞれ同じ箇所で地面を捉え、蹴り出す時も左右同じ箇所に力がかかっていますか?(左右均等な歩幅を意識して)

骨盤
  • 体幹は安定しているか?(少しお腹を引き締める感じで)
  • 足に優しい靴を履いていますか?(土台が重要)

体、上半身
  • 肩は前に丸まっていませんか?(肩は後ろに引いてリラックス)
  • 両腕は均等に振っていますか?(両手の親指は前方を向き、片手に電話を持つことがないように)
  • お腹から深い呼吸をしていますか?(よりゆっくりと深い呼吸を心掛けて)

  • 頭は前に傾いていませんか?(頭を高い位置に)
  • まっすぐ前を見ていますか?(目線を上げる)

姿勢を意識しないと、次第に俯き加減で前かがみになり崩れていきます。これにより、脊柱全体の可動性も悪くなります。

レベルアップにウォーキング用のポールを利用しましょう。これはノルディック・ウォーキング(Nordic Walking)と言われ、スキー用のストックをウォーキング専用にデザインされたものを使用します。上半身も使いながらウォーキングを行なうハイブリッド・ウォーキングです。

最初の写真にあるように、通常のウォーキングでは約40%の筋肉を使用しますが、ノルディック・ウォーキングでは、約90%まで使用するようになり、全身運動になります。

ノルディック・ウォーキングで追加される筋肉
  1. 僧帽筋(Trapezius)
  2. 三角筋(Deltoids)
  3. 胸筋(Pecs)
  4. 腹筋上部(Upper abs)
  5. 前腕屈筋(Forearm flexors)
  6. 肩甲下筋(Subscapularis)
  7. 上腕三頭筋(Triceps)
  8. 外腹斜筋(External oblique)

両方で使われる筋肉
  1. 大臀筋(Gluteus maximus)
  2. ハムストリング(Hamstrings)
  3. 腹筋下部(Lower abs)
  4. 大腿四頭筋(Quads)
  5. 腓腹筋(Gastrocnemius)
  6. 前脛骨筋(Tibialis anterior)

近い将来、日本にもノルディック・ウォーキングのブームが到来するかもしれませんね。(^_^)


今回は、以下リンク先の記事を参考にしています。
過去に投稿した以下の記事も参考にしてください。

<今すぐ!ご予約・お問い合わせ>

Horikawa Chiropractic

English Available. 世田谷区用賀の米国Doctor of Chiropractic (D.C.) カリフォルニア州ライセンス。120年以上の歴史を持つアメリカ発祥のカイロプラクティックと、専門とするGonstead Chiropractic (ガンステッド・カイロプラクティック) についてお伝えしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000