神経繊維の構成要素

「光ファイバーケーブル?」かと思ったのですが、神経繊維の構成要素を簡略的に説明しているものでした。


  • 赤:自律神経 - 内臓器官のコントロールと制御
  • 青:運動神経 - 筋肉のコントロール
  • 黄:感覚神経 - 痛みの信号の伝達


刺激や圧迫がそれぞれ 与える影響は、


  • 赤:自律神経 - 内臓器官の故障/適正に機能しない
  • 青:運動神経 - 硬い/弱い筋肉
  • 黄:感覚神経 - 痛み/しびれ

写真から分かると思いますが、感覚神経の割合が非常に少ないということです。


最も割合の多い自律神経の情報が正確に伝われば伝わるほど、体の機能は正しく効率的に働くことができるということです。


意識や感覚ではコントロールできない部分のケアが重要です。


過去に似たような内容の記事もありますので、こちらも参考にしてください。


<今すぐ!ご予約・お問い合わせ>

Horikawa Chiropractic

English Available. 世田谷区用賀の米国Doctor of Chiropractic (D.C.) カリフォルニア州ライセンス。120年以上の歴史を持つアメリカ発祥のカイロプラクティックと、専門とするGonstead Chiropractic (ガンステッド・カイロプラクティック) についてお伝えしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000