腰に良くない姿勢

腰椎の椎間板にかかる圧力を比較したイメージです。


自然に立っている姿勢を”100”としています。


寝ている姿勢、横になっている姿勢は、軽くなります。体重が横に分散されるからですね。


前傾姿勢や、座った状態で前かがみの姿勢は、思っている以上に腰に負担がかかります。


長時間前傾姿勢になる場合は、お尻を突き出すようにすると腰のカーブが保たれ、腰椎の椎間板にかかる圧力を軽減することができます。


以下リンク先の記事も参考にしてください。


<今すぐ!ご予約・お問い合わせ>

Horikawa Chiropractic

English Available. 世田谷区用賀の米国Doctor of Chiropractic (D.C.) カリフォルニア州ライセンス。120年以上の歴史を持つアメリカ発祥のカイロプラクティックと、専門とするGonstead Chiropractic (ガンステッド・カイロプラクティック) についてお伝えしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000